生命保険満期税金の扱いは?

【生命保険の満期保険金には所得税か贈与税のどちらかが課税される】生命保険の満期保険金を受けとった場合には保険料の負担者や保険金の受取金の違いにより所得税か相続税のいずれかが課税されます。
ただし一時養老保険など保険期間が5年以下のものや保険期間が5年以上で、5年以内に解約されたものは対象になりません。
所得税、贈与税いずれが課税されるかは次のとおりです。
<所得税が課税される場合>保険料の負担者と満期保険金受け取り人が同じ場合は所得税が課税されます。
<贈与税が課税される場合>保険料の負担者と満期保険金受取人が違う場合は贈与税が課税されます。
なお所得税の場合は一時金で受け取った場合は「一時所得」になり、年金で受け取った場合は「雑所得」となります。
あなたのFP評判悪い?私のガチ体験談!【保険相談口コミは?】※サービス終了