キャッシングとローンは似ていますね

キャッシングはローンとよく似ていて混同して同じように使う人もいますが、厳密に言えば違うものです。キャッシングとローンの違いをお話します。 キャッシングは借入金を翌月の返済期日に一回で返します。 ローンは自分が借りた金額を分割で返していきます。 給料日までに応急的にキャッシングを使うことが多いです。労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。どこかから借りるにしてもきっと大きな反応が返ってくることでしょう。 それもほとんどはブーイングのような否定的なもののはずです。 どこの誰がお金を貸してくれるというのか、疑問ですが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、返済の見込みの全くない人にお金を貸すような馬鹿なことはしません。そんな苦境の中でも、身近な人のうちの誰か一人ぐらいは奇特な人がいて、その人からお金を借りることができることも、よくあるでしょう。たとえどんな理由からであっても誰にも文句を言う権利なんてありません。でも、感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。私の弟が、まだ大学生にもかかわらず、バイクを買いたいからといってキャッシングを利用していた事実が私たちの親にばれちゃったんです。弟の通う大学は実家から遠く、そちらに下宿していたこともあり、私も両親も、キャッシングでバイクを購入したことなんてわからなかったのですが、返済を滞納したために「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、あっさり露見してしまったというわけです。 持つべきものはなんとやら、最後は親が返済を済ませてくれました。 もちろん、弟はかわいそうなぐらいものすごくお叱りを受けていました。 2010年の法改正後、キャッシングやカードローンなどの金利の上限値は以前より下がりました。といっても、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付できる特例があります。いわゆる法解釈の問題ですが、11.2%の開きは大きいですね。この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。 最近頻繁に耳にする『過払い請求』というのは、グレーゾーン部分の金利を払った人が返金してもらうものです。専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。

セブン銀行カードローン審査なら
セブン銀行カードローンがなぜ人気なのか徹底分析しています!
www.bank-cardloan-osusume.com/